« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の記事

2008/05/26

パールピンクの輝き…

母がフェンスに這わそうと買ったつるバラ。。

時が経つにつれ周りの樹木が生い茂り、いつしか庭の日陰に 埋没してしまっていた…

一昨年2006年の初夏に わたしが庭の改造をはじめた頃、

「そういえば昔 植えたつるバラ…どうなってるかしら?」 ふとそう思ったのか、

母は樹木や雑草をかき分け、植えてあったであろう場所を すべて見て回ったらしいw

全部で4~5本同じ品種を植えたそうだが、庭で生き残っていたのは、たったの一本…

立派な垣根となった山茶花の太い根に寄り添う様に、ひっそり細々と、

花を咲かせる元気もなく 日陰に耐え忍んでいたのだ。。

そこは どう見ても、素人に手がつけられる場所ではなかったwobblysweat01

今まで忘れていたのだから、きっと母も、そのうち忘れるだろう…

そう思って触れずにいても 事あるごとに「あのバラ、なんとか出来ない?」dash

仕方ないので色々調べてみると、薔薇の移植は冬が適期 snow

「そうだflairsign01

冬の剪定をして貰うついでに、植木職人T氏に“つるバラの救出”お願いしちゃおうw

そうして、昨年2007年2月に 数十年振りに掘り上げられたつるバラは

あっという間に、明るい日の当たる場所へと植えつけられたのだったcoldsweats01

ヒョロヒョロと頼りなく伸びた枝、今にもポッキリ折れそうな細い幹…

さすがのT氏も「今年は咲かないかなぁ~」というほど弱々しい。。

_63 植えつけから三か月…

心配をよそに、しっかりと根づいて復活し、奇麗な花を咲かせてくれたheart04

ふんわりと柔らかい花弁は パールピンクに輝いて とても美しい confidentshine

丸くてツヤツヤした照葉、元気を取戻し鋭くとがった棘、花後にグングンと伸びはじめたシュート。

秋に返り咲くのを期待していたけれど、蕾があがることなく 葉の緑で楽しませてくれましたw

返り咲く性質というのは、「ニュードーン」New Dawn じゃないかと突き止めたからnote

調べてみると記述はあちこちで違い、返り咲き性だったり 四季咲き性だったりするけれど、

一年育てた様子と咲き方で先生に聞いてみたところ、もしかしたら「ニュードーン」の親で

「ドクター・ヴァン・フリート」Dr. W. Van Fleet かもしれないという事でした…複雑。。

昨年は株自体がしっかり体力を蓄えるために 秋の花を咲かさなかったのかもしれない、

今年こそ本領発揮で 見事に返り咲くのかもしれない…と、思っています heart02

_525_3

鈴木先生に教えてもらったように、ゆったり伸び伸びと誘引をしたら

昨年とは比べものにならないくらいの蕾がずらっと並びましたw

そして、今年もグングンと勢いよくシュートが伸びてまーすwinkshine

Ca370787_4 

たくさん

咲き始めた

このつるバラ。

咲き始めは

こ~んな姿heart04

まるで

ミッキーマウス?

| | コメント (0)

2008/05/24

ついに再会…

今年3月に一目惚れしてお迎えしたクレマチス

ずっとお花の写真は紹介しないままでしたが、

ついに、ついに、我が家で開花してくれました happy02heart04

出会った頃は少し色味が飛んでごく薄ーい青紫だったけど、

開きたてホヤホヤの“フェアリーブルー”は

こんなに色鮮やかーーーsign01 やっと逢えたねheart02

_524_2

今日は夕方から雨が降り出したから、

明日はきっと色味も落ち着いているかも?

蕾もどんどん控えていて、とっても楽しみ~lovely

| | コメント (0)

2008/05/22

新しい波~♪

ほしい薔薇を上げれば 切りがないくらいに

“憧れの薔薇リスト”は増え続けているw

とくに、今年は“香り”がキーワード。

昨年「サンフレアー」、「プリンセス ドゥ モナコ」で

薔薇の香りに対する期待感が一気に開花したのですheart02

美しいだけでなく香りまで楽しめる…

なんて素晴らしいんでしょう confidentshine

でも放っておくと、あれもこれも ほしくなっちゃうので、

自分なりにチェックするポイントを定めることにw

・花容 (花弁が多くても可憐さがあるもの)

・色合い (ただ明るいだけでなく複雑な色味が好きheart

・名前 (覚えやすく、イメージと合う、印象的なもの)

・香り (最終的にここが決め手note

この4拍子が揃って、初めて 新しく迎える品種となるのだぁ lovely

そんな中、ずっと気になっていた品種があった…その名も「ニューウェーブ」

花弁なんてヒラヒラ可憐だし、写真によっては紫~紫がかったグレー~薄ピンク

はたまた茶色がかったピンクまで…どれだけバリエーションsign02

ハイブリッドティー:ニューウェーブ(新苗)[バラ苗] ハイブリッドティー:ニューウェーブ(新苗)[バラ苗]
販売元:園芸ネット

園芸ネットで詳細を確認する

調べれば調べるほど、どんな香りなんだろう…と気になって気になって。

先日の『国際バラ』で はじめての“ご対面”を果たしました…

New_wave_522_5

すでに一輪開花している新苗で、

その香りも確かめる事ができheart02

かなり飛んでしまっていたようだが

香りも言うことなしで素晴らしいhappy02sign01

ほんわりと、それでいてしっかりと、

ずっとずっと嗅いでいたいような、

これが「ブルー系の香り」なのかしらheart04

しかし…

新苗から育てた経験が全く無く

出逢えた喜びよりも

不安が先行していた私に、

同行してくれていた“バラの先輩”が

一番しっかりとした、新芽たっぷりの有望株を発掘してくれたw

「これは連れて帰るしかないsign03

さっそく翌朝には、黒ポットごと 希釈したバイオゴールドバイタルの中へドボンsweat01shine

赤玉+腐葉土+燻炭+バイオ元肥+牛糞を適当に配合した鉢へ植替え完了~note

五日目の今朝みると、超やる気満々で蕾が4つもあがってました(即摘んだけどw)

この花つきの良さはすごいぞぉ~~~smileheart02

| | コメント (0)

2008/05/18

薔薇の祭典♪

年に一度の薔薇のお祭り『国際バラとガーデニングショウ』heart02

埼玉・所沢まで足を延ばしてしまうとは…我ながら凄いハマりようcoldsweats01

おととい金曜日の人出は経験者からするとまずまずだったそうです…

が、「朝から凄いな…」ってぐらいドワッと居ましたcoldsweats02 ←自分もかw

今回の目的は三つsign01

①今年こそ手に入れるつもりのイングリッシュローズ。

その香りを確かめて、運命の出会いがあれば即購入w

②有島さんに捧げられたという薔薇の香りとその花容「糸覆輪」を確かめる。

もしも私にも育てられそうなら(入手できるならsweat02)購入を検討するhappy02heart04

③数々の展示から我が家に取り入れられそうなアイデアを拝借note

shine

今年のテーマにもなっているイングリッシュローズ。。

デイビッド・オースティン社のトークショーがあったり、

各展示にはとても素敵にあしらわれていてウットリです lovely

どれもそれぞれに個性があって、あれもこれもと吸い込んで

香りの特徴や 印象などを 書きとめてはみたけれど、

一番気になっていた薔薇を 素通りしていたらしく自己嫌悪sweat01

こうなったら…

近所の京成バラ園で

もう一度おさらいだぁーーsign03ww

Foff_3

先月、日本橋三越屋上の無料講習会で

「本田耕運機のブース要チェックsign01」と言われた通り、

そこには素晴らしい薔薇の数々が並んでおりました。

中でもひっそりと、ブース担当者さんが活けていた花瓶。。

あまりにも大事そうに活ける姿に「もしやあれでは…sign02」と近づくと

やはり、噂に聞いた“フレグランス・オブ・フレグランシズ” happy02heart04

繊細な色味と きりりとした「糸覆輪」…

これがFFなのねーーーっcamerashine(思わず激写w)

まぁるくて柔らかな甘~い香り。。

有島さんの穏やかな雰囲気にぴったりの香りでしたぁ

heart

蜂のように夢中で各ブースを行ったり来たりしているうちに

さすがにお腹も空いたので、お弁当を買ってスタンドで ひと休みdeliciousnotes

京成バラ園で知り合った“バラ友”と“バラの先輩”と三人で

前半戦での出来事、お互いの薔薇についてをのんびり話していると、

何やら 大きな拍手が聞こえてきた…。

ケイ山田さんのトークショーが始まったのだぁーーnote

急げ、急げ~sign01と、三人で すぐさま移動~w

BS11chで日曜朝にやっているガーデニング番組を、今年に入ってから

ケーブルTVで見れるようになり、素敵な女性だぁ…と興味津々だったのだ happy01heart04

なんと運の良い事か、トークショーでご本人のお話しが聞けるとはheart02

S_garden_2

今年で10周年を迎える『国際バラ』、

その第一回目からガーデンの展示を 創造し続けてきたケイさん。

おっとりとしてチャーミングな、優しい語り口とは裏腹に、

芯はとても強くて負けず嫌いな一面も垣間見れたheart04

自然と向き合う姿は常に真摯で、

小さな草花の隅々にまで愛が溢れている。。

トークショーのあと、もう一度、ケイさんの展示が見たくなって

ブース付近へゆくと午前中より更に人だかりが出来ていたsweat01

皆んな考える事は一緒だな…と後回しにして通り過ぎようとすると、

そこには、ケイ山田さんご本人がぁーーーheart02

写真や握手にも にこやかに応えていらしたので

先ほどのトークショーの感動を伝えたいhappy02sign01と 順番待ちw

握手に応えてくれたその手は、ふっくらマシュマロみたく柔らかくって

とても温かくって、それでいてしっかり厚みのある“ガーデナーの手”。

小さな体でも すごくパワフルで、即行動のお人柄が伝わり

ますます好きになってしまいました…confidentshine

| | コメント (0)

2008/05/17

サンフレアー

Ca370731_4 二年目の今年は

ちょっと色味が違います

開花の寸前に

長雨が続いたせい?

rain

いつもの黄色じゃあなく

どれも淡いクリームがかった

優しい色合いconfidentshine

中でも

木漏れ日のなかで

ひっそり咲いた このコは飛び切りの美人heart04

まわりの照葉もキラキラと

朝から清々しい気分になりましたwink

| | コメント (0)

きみの名は…?

Ca370723_2 古株の薔薇が今年も薔薇らしく

とても美しく咲いています confidentheart04

わたしの薔薇のイメージは

この、真紅の高芯咲き。

母がいつも大切に活けながら

「この薔薇が一番好き」と

言っていたので、幼心に、「これが一番」と思ってたのかもw

花弁は35~40枚、表はビロードがかっており、微かなティーの香り。

樹形は直立性で、とにかく葉が大きくて、緑が美しい~ notes

大輪の花が 真夏でもいつでも 一年中よく咲いて、庭を彩ってくれています winkshine

Ca370722_2昨年まではHTと思っていたけれど、

強剪定で仕立て直したら

もの凄い房咲き…あれれ、FL sign02

調べてみても、

20~30年前の品種には該当がなく、

最近の品種に似たものが多いのです。

現物をもって 薔薇の大先生に

教えてもらいに行こうかしら…

| | コメント (0)

2008/05/12

我が家のプリンセス

まわりでどんどん薔薇が咲きはじめて、なんでうちだけ遅いの…weep

と思っていたけれど、そもそも冬剪定(一月末sweat01)が遅すぎたからなんだなw

Ca370645 やっと開きかけた蕾

「プリンセス アイコ」ですnote

ここのところの寒さで、

一番花が足踏み状態。

でも、ほかにもたくさん

蕾をつけてくれてますlovely

う~ん…可憐だぁ

shine

Ca370633_3 そして

昨秋やってきた、もうひとりのお姫様heart04

こちらは

「プリンセス ドゥ モナコ」

そう、故グレース・ケリーに捧げられた薔薇。

覆輪の品種がほしい~happy02sign01

あれやこれや迷いに迷って、

やっぱり 覆輪第一号にはプリンセスが相応しい…

とお迎えしたのでありますw

大苗で購入してから植えつけまでの間、だいぶ待たせてしまったせいか 蕾ができて

昨年末に一輪だけ開花させてしまった…これがまた大輪のうえに素晴らしい香りでウットリheart01

洋梨のような甘く透き通る香りには 家族全員が納得の表情…さすが、プリンセスsign01

でも予想に反して、この春はまだ蕾がたった一つだけなんですcoldsweats02ショック

あのとき咲かせずにいれば株が充実して、もっと蕾をつけてくれたのか…

植えつけの仕方がまずかったのか…と不安にかられていたら、

同じく「プリンセス ドゥ モナコ」を育ててらっしゃる方から

気難しい子という印象が強い…と教えていただき、内心 ホッとしましたcoldsweats01

今は葉を育ててしっかり株が充実すれば そのうちたくさん咲いてくれるでしょうheart04

今ついている このたった一つの蕾を、害虫たちから死守することに集中だーw

Ca370156あの夢のような香りのためにも

毎朝恒例の巡回foot

週1~2回のニーム散布dash

がんばるぞ~~happy02heart02

| | コメント (0)

2008/05/07

クレマチス、お庭デビュー♪

我が家で はじめてのクレマチスheart

購入してからかなりの期間をかけて養生させてきましたsweat01

傷んだ節から次々と脇芽が膨らみ、ぐんぐんと葉や茎を伸ばしたのは四月中旬のこと。

クレマチスの生命力を目の当たりにして、毎朝 ベランダで感動していましたw

Ca370512

養生場所にしていたアイアンチェアに絡みつき、

触れた互いの葉茎にグルグルと巻きついて、

おまけに花芽まで膨らみ始めたのが四月末のことnotes

あまりの勢いにチェアでは収拾がつかなくなって

もう、お庭へ下しても大丈夫だろう、と決断sign01

happy02heart02

予め オベリスクを立てて しっかりとイメージを膨らませていたので

すぐに深めの穴を掘り、腐葉土・牛糞・元肥・ケイ酸石灰を混ぜスタンバイ。

すっかり絡まって 巻きついちゃった葉茎を ひとつひとつ解き、

ポッキリ折れないよう根元から束ねて、いざ植えつけsign01

Ca370623

オベリスクの中心に大切な苗を据え、1~2節を深植えする。

根元から束ねたものをそれぞれ行きたい方向へもってゆき、

更にほどいて一本一本をビニタイで固定すれば、もう完了winkshine

あとは勝手に巻きついて、どんどん蕾を膨らませ

あの夢みたいな大輪の花を咲かせてくれるのを待つのみ。

オベリスクいっぱいに咲いてちょーだいね confidentheart04

つるバラとつる植物のガーデニング Book つるバラとつる植物のガーデニング

著者:山 浩美
販売元:成美堂出版

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008/05/06

自然との距離

海に潜って 真っ青な世界に包まれているときの幸福感。

沖縄のしっとりした空気を 胸いっぱいに吸い込んだときの爽快感。

Photo

コツコツと雑草取りに没頭し 一息つきながら庭を眺める達成感。

種から育てた草花が 春を迎えてグングン育ち 見事な花を咲かせてくれた時の愛おしさ。

剪定や施肥や生薬散布を学んで、工夫して、ついに蕾を見つけた日の喜び。

次から次へと咲き競う花の香りに 思わずクラクラと目まいする充足感。

confidentshine

海でも庭でも自然とは触れ合ってきたけれど、

それぞれに対する距離感は決定的に違っている。

殊に庭仕事にハマッてからは、

土いじりで 癒されまくっているんだなぁ w

面倒だ…虫がコワイ…暑い…寒い…雨が降っている…気分が乗らない…

あーだこーだと理由をつけて 庭仕事を避けていた頃とは一転。

どうせやるなら楽しまなきゃ損sign01

そんな発想から薔薇を選び、野菜を選び、

ガーデニングの先輩たちから草花の苗や種を頂戴し、

それぞれのコーディネートを考えはじめ、

この花の隣にはこんな草花が似合いそう…

こんな色もあるんだぁ…

と、どんどんのハマッてしまった訳なのだ coldsweats01

今となっては、ホームセンターは園芸コーナーへ直行だし、

本屋さんへ行けば自然と「お花の本」あたりを物色w

散歩途中やドライブ中には余所のお庭の様子が気になって、

お花の催しには過剰な反応をしてしまうんだから困ってしまうsweat01

綺麗だね~で終わっていたのが、

「何ていう花?」

「うちでも育てられる?」

にスッカリ変わってしまったのだ。

今ほど自然との距離が近く感じることはないhappy02heart02

Ca370594

今年も立派な蕾をつけてくれた、我が家で一番の古株の真紅薔薇。

20数年もの間、ろくに手入れもしないのに咲き続けていた強健種。

この冬に初めて強剪定をして株を更新したところ、

わんさか元気な枝を伸ばし、大きな葉を広げ、たくさんの大きな蕾をつけている。

買ってきた当初から名無しだったそうなので、今年こそ特定できるかなぁwinknote

| | コメント (0)

2008/05/02

とっておきのプレゼント

先月から参加している京成バラ園の『バラの庭づくり』セミナー。

待ち遠しい思いで今月も、足取り軽く 八千代まで車を走らせた cardash

早朝の雨も上がり、楽しみにしていた薔薇たちの様子は…

ちらほら早咲き品種もあるものの、我が家と同じく まだ硬い蕾の状態。

ちょっぴり残念に感じながらも 教室へ入ると、

色とりどりの華やかな薔薇の切花たちがお出迎えheart

さっきまでの気分はどこへやら、やっぱりお花のパワーって素晴らしいhappy02shine

Ca370586_2

講習生のみなさんはそれぞれ思い入れたっぷりに薔薇を育てているので、

月一度の今日の日を わたし同様に心待ちにされていたようheart04

それぞれに情報交換をしたり、鈴木先生に相談をしたり、

もちろん、セミナーも大盛り上がりnote

今日の講習内容は「水遣り」でした。

乾いたら タップリsign01雨の前には控えめにsign01泥はねしないよう優しい水遣りsign01

分かっているつもりでも、タイミングやら 気分やらで ムラが出やすいルーティンワーク。

だけど、人間にとっての食事と同じ、植物にしてみれば とっても重要なことflair

先生ご愛用の水遣りアイテムは、真鍮製のホースノズル。

ハス口の穴の 非常に小さい高級品でしたshine

我が家のノズルだって数種類の水流が選べたりしてなかなか優れもの、のはずが…

みんなでガーデンに出て、実際に先生の高級品での水遣りを見ると愕然っっcoldsweats02

サラサラとキメ細やかな マイナスイオンが たっぷりそうな優しいシャワーsweat01sweat01

こ、これが値段の差…sweat02大量生産と 手仕事の差、プラスチックと 真鍮の差 なんだなぁ…

地植えだからって適当にしていた水遣り… しっかり見直さなければ coldsweats01

面倒だからと水圧ドバーッとしちゃぁいけませんsign01じっくり中まで浸透するくらいたっぷり遣りましょうsign01

どんな作業も丁寧に愛情をこめていれば、それに応えて きれいに咲いてくれるんでしょうね clover

セミナーの最後には先生からのプレゼントpresentshine

用意されていたのは“花だより”という名のピンクのミニバラでしたheart02

はじめてのミニバラ…ポットには小さな3株。種から育てた草花と とても相性が良さそう

時間ができたら可愛い寄植えをつくってみたいなぁ~~confidentheart04

Ca370576_5そして、

セミナー終了後にはいつものように

ガーデンで しばしの散策です foot

パッと目を惹くのは春の色、

クリームイエローにこんもりと咲く

黄モッコウバラ。

バラ園には八重ばかりでなく

一重も並んで咲いていましたheart04

我が家のは、やっと

株元から咲き始めたばかりというのに

世の中は最盛期のようです…coldsweats01

まだポツリポツリと咲く中で、

わたしの目を釘付けにしたのは“ソレイユ ドール”という1900年に作出された黄系HTの1号品種。

その香りと複雑な花色ばかりではなく、旺盛な蕾の数には驚いたsign01

まるで誘引されたツルバラかのように、シュラブ状に 奔放に しなった枝 それぞれに

これでもかという程のコロンとした蕾を たわわにつけていたのです。

確かに陽のよく当たりそうな 特等席に陣取って植えられてはいたけれど、

いったいどれだけの花数を咲かせるつもりなのだろう…happy02sign02

これは気になる… 来月のセミナーまで我慢できそうにないぞぉ…

heart02

お昼になって今日のランチは…restaurant

今年初めの無料講習会でご一緒し“バラ友”となったお二人と、

ナニワイバラで有名な 勝田台「貝殻亭」にて豪華にフレンチですshine

以前から、鬱蒼とした店構えは通り過ぎる度に とても印象的で

興味津々ではありました。バラの話から自然とこの「貝殻亭」の話題となって

ではシーズンになったら行ってみましょう!と盛り上がった訳ですw

Ca370581_2 店内は外から想像できなかったくらい

奥行きがあってシックな雰囲気。

久々に三人集まった事もあって、

美味しい食事も バラ話も大いに盛り上がり

あっという間に時間は16時前…

店員さん、騒がしくしてスイマセンでしたcoldsweats01

店を出ても なお、その佇まいに見とれ。

すっかりファンになりましたheart04

バラ園に戻って解散したあと、

売り場の草花をじっくり見てまわり

ふと朝から気になっていた“押し花展”にも立ち寄ってみた foot

| | コメント (2)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »