« パールピンクの輝き… | トップページ | きみの名は…判明! »

2008/06/02

“勝ち抜き戦”

_525_2花の中心がだんだんと盛り上がっていて(高芯咲き)、

中心にいくにつれ珊瑚ピンクが濃くなる花色。

名前からわたしは“表彰台”をイメージしましたshine

トーナメント オブ ローゼズ Tournament of Roses

J&P社 ハイブリッドティーローズ

ピンクのグラデーション、ツンとした花弁、

咲きすすむとヒラヒラふんわりと波打つ姿。

そして、花弁の内側と外側で色味が違うんですheart04

内側の色が濃いものは結構あるけれど、

外側の方が色が濃い品種ってあまりないみたい。

_62よく見ると、外側のピンクが花弁の内側に反射して

なんとも言えない花色を醸しだしています winkheart

香りはほとんど無いけれど、パッと目に入るだけで

鮮やかな色合いで楽しませてくれる素敵な薔薇。

1989年AARS(All-America Rose Selections)受賞crownshine

調べてみるとpc 1892年に設立された、

アメリカバラ協会(ARS:American Rose Society)の

100周年コンテストに因んだ名前のよう…?

別名:Berkeley、Poesie

見れば見るほど美しい…happy02heart01これで香りがあれば、もっとメジャーになれたのにぃw

|

« パールピンクの輝き… | トップページ | きみの名は…判明! »

バラ」カテゴリの記事

ピンク色の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パールピンクの輝き… | トップページ | きみの名は…判明! »