« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の記事

2008/07/28

収穫祭

今年もオクラとミニトマトの収穫がはじまりましたぁwinkheart02

Ca371038

朝摘みが いちばん美味しい理由sunって、

夜のうちに ギュウッと甘みが凝縮されるからだそう。

早起きはやっぱり三文の徳、なんだな~~note

オクラは春先の苗の生育が芳しくなくって

定植まで時間がかかり過ぎたけれど、結果、

ミニトマトの初収穫とピッタリ合いましたw

採りたてのオクラはとっても軟らかくて甘くって

ネバネバも市販のものより強く美味しいsign01

地植えから二週間、もっと ぐんぐん大きくなって

たくさん美しい花を咲かせ 実をつけてほしいなぁhappy02

オクラの花が一番きれいに咲いてる時間は11時頃。

お昼をまわると萎れてしまい、翌日にはポロリ…

咲き殻が落ちて そこから小さな実が姿を現します。

朝の見回りで「今日は咲くだろう」という日は

なかなか仕事で立ち会えず写真が撮れましぇん weep

先週から 二度目の収穫となった今日はオクラ一本と

真っ赤になっているミニトマトだけを厳選して3個。

sun sun sun

蝉も目を覚まして 夏本番、

その鳴き声で暑さ倍増だけどsweat01

楽しい収穫祭は はじまったばかりでーす

| | コメント (0)

2008/07/21

薔薇を愛する人びと その3

4月以来なかなか予定が合わず、参加が叶わなかった

日本橋のデパートで月一回開催の「薔薇の講習会」。

先月のうちに7月の日程を教えてもらっていたので、

今月こそは何が何でも参加するぞーと気合充分だったw

いつもなら海関係のイベントに出掛けていた“海の日”。

とうとう、この日まで薔薇に占領されてしまったょ…coldsweats01

sun

“バラ友”“バラの先輩”とともに開店早々に屋上で待合せ、

売り場を見て回っていると、バラ界の紳士・有島 薫さんが登場heart04

声をかけると作業の手を休め、気さくにお話ししてくださいましたhappy02

前日予習でpcshine有島さんのブログに“フランス旅行記”を見つけ

興味津津だったせいで、先走って色々とお聞きしていると、

ひょんな話から有島さんの撮られたお写真を見せて頂けることに…

膨大な数ある写真の中から まずはフランスの街並み、

その中に 楚々と 咲き誇る薔薇や 草花たち。

どれもこれも「絵になるわぁ~lovely」と 見入ってしまいましたnote

有島さん流の撮影のコツcamerashineも お聞きする事ができたり

すっかり一限目を受講し終えたような気分でランチに出掛け、

いよいよ、メインの講習会(二限目?)がはじまりましたwinkheart01

夏の施肥についてや、つるバラの剪定について、

二番花後~夏剪定の考え方等 とても為になる事ばかりpencil

後半にはフランスでの素晴らしい写真をスライドショーで

再び、じーっくりと、魅せて頂けましたぁーhappy01

その中でも2度登場した“モリナー”という品種は、

ふんわりポッテリとした花容のとても美しい薔薇。

まるで“フレグランス・オブ・フレグランシズ”を色濃くしたような…

みんな 思わず、感嘆の声を漏らしていましたheart02

Dalloyau

美しい薔薇が いかにして作り出されているのか、

見た事もないような新しい品種が 何千何万の中から選び抜かれ、

さらにさらに そこから絞り込まれて、日本人の嗜好も加味しつつ

何年もかけて やっとこ、日本の市場へやってくる…

「ああ、やはり“エリート中のエリート”なんだなぁsign01

なんだか妙に 納得してしまったのでありますw

これからはデルバール社の美しく強い薔薇たちを見る度に、

「エリートさん こんにちはー」とお声掛けしてしまいそうconfidentheart04

| | コメント (0)

2008/07/20

憧れのバラ♪

素敵な物を見つけると誰かの喜ぶ顔が浮かんだり、

誰かを想いながら 贈り物を考えたり選んだり…

そんな、特別で、楽しい時間。。

_716

ましてや、自分でなにかを作り出し それを誰かに

贈る事ができるなんて、とても幸せな経験だろう。。

薔薇に名前をつける、それもまた、

ごく選ばれた人にだけ許された特別な経験。。

_713

「Chant Rose Misato」(デルバール社)

大野耕生さんが、日本での流通名を

歌手・渡辺美里さんへ捧げた愛すべき香りの薔薇。

本場フランスでは「Soeur Emmanuelle」

高名な修道女(シスター)の名前が由来だそう。

_714_3

開きはじめから

_715

開ききってもなお、うっとりする香りで

時間を忘れるほど魅了してくれますshine

ず~~っと憧れていたこの薔薇、

はじめて香りを嗅いだ瞬間にすっかり虜heart02

いつもお世話になっているうえに

丹精こめたこんな素晴らしい薔薇を

プレゼントしてくださった“バラの先輩”

本当に嬉しくって、感謝感激ですsign01

大切に、大切に、育てます confidentheart04

| | コメント (0)

2008/07/14

はじめてのER♪

今年こそお迎えしたいと切望していたER(イングリッシュローズ)。

カタログや、ガーデンショウ、ER愛好家の方々からのお話しなど見聞きして

かつてジャングル状態だった庭に迎え入れても しっかり生き残れる強健さを持ち、

すでにある草木たちとも調和して、なお且つ、彩りを加えてくれるような

魅惑の香り品種を…shine と、出逢いのタイミング”を待っていましたconfident

heart02

それは、先月末のこと。。

仕事帰りにある為、つい、フラ~ッと足が向いてしまうホームセンター

「ドイト」で、ようやく、ER半額セールが始まったのでーーす happy02sign01

何故「ようやく」なのかと言うと、“バラの先輩”の情報で

昨年の今頃「ドイト」で太っ腹セールに遭遇したというのを聞いていたからw

数ある「ドイト」の中でも、私の中では一番のERの品揃えだったため、

そろそろかなぁ… まだかなぁ… と、ほぼ毎週のように通い続け

雨上がりの仕事帰りに、ようやく、遭遇したという訳です coldsweats01

『国際バラ』で出逢ってから、香りにも花容にもやられてしまい

絶対にほしいと思っていた「ゴールデン セレブレーション」。。

それよりも前、ERという薔薇の存在を知ったばかりの頃に

名前だけで惹かれてしまった「グレイス」。。

_713

デビッド オースチン著 『イングリッシュローズ図鑑』によると、

どちらもリアンダーグループに属しており、

強健で、アーチを描く大型かつ優美なシュラブ、そして強香性。

「グレイス」の品種解説では…よく似た樹形でやや大型の

山吹色の「ゴールデン セレブレーション」と一緒に植えると

美しさが際立つ…との記載があり、なんという偶然?必然なのか?

この2品種が私のはじめてのERになってくれた事に感謝しつつ、

もちろん、太っ腹な「ドイト」にも足を向けては眠れませんw

_714

今朝の「グレイス」

この花弁が反り返る咲き様を“リカーヴド”と呼ぶそう。

ポンポン咲き、はたまた、ダリア咲きみたい?

横顔がまた素敵なんですよねぇ…うっとり winkheart04

 イングリッシュローズ図鑑 イングリッシュローズ図鑑
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

| | コメント (0)

2008/07/06

キラキラ…

母が伯母から株分けで貰ってきた「アガパンサス」

花期はもちろん、葉っぱも濃いグリーンで元気もりもりsmile

_76

この涼しげな花の咲き姿を見ると、花火を見にいきたくなりますねぇheart04

ヒューーッと長く伸びた花茎の先に 放射線状にたくさんの蕾がついて

パアッと花開くと、まるで夜空に打ち上げられた花火みたいでしょうwinkshine

ジメジメとした季節に お庭をとても爽やかにしてくれてますnote

ひとつずつの花は ユリ科らしい整った花容で咲くので、

ついつい顔を近づけて見つめていると、いつも蜂とバッタリ coldsweats01

蜜が美味しいのか、蜂にしか分らない香りがあるのか、

とにかく、蜂にも人気が高いお花です。

Mini_76

花もいいけど、やっぱり実がつくと嬉しいsign01

ベランダにずらりと並べたミニトマト「レジナ」のプランターw

まだかなぁ~まだかなぁ~と、毎日ご機嫌窺いしていますlovely

赤く色づいて食卓にあがるまで もう少し、かな。。

| | コメント (0)

2008/07/01

ケーリー グラントは夏が好き…

昨年秋に大苗でお迎えした、

我が家の「ケーリー グラント」。

_71

なかなか蕾がつかず、ブラインドばかり…

薔薇の師匠・鈴木先生に相談すると

大苗で購入してから寒さに当てたせいだろう、と。

確かに植えつけまで かーーなり長いこと

野ざらしにしてしまっていたのだぁcoldsweats01

ブラインドの処理をした方が良いのか悩んでいた私に

「無理にブラインド処理するよりも葉を育てればいい」

そして、この「ケーリー グラント」は

他の薔薇たちが暑さでひと休みする頃に

どんどん本領を発揮するから大丈夫sign01と太鼓判。

そのお言葉で安心して見守ることが出来ました confidentheart04

そして。。

我が家で初めて開花を迎えてくれましたnote

香りもちょっと離れて嗅いでみると、

酔いそうなほど爽やかで芳醇な大人の香り…bar

とくに斜め後ろからの姿が堪らなく素敵w

shine

大好きなmovie 『めぐり逢い』(1957年)

また観たくなっちゃったなぁ…heart02

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »