« 憧れのバラ♪ | トップページ | 収穫祭 »

2008/07/21

薔薇を愛する人びと その3

4月以来なかなか予定が合わず、参加が叶わなかった

日本橋のデパートで月一回開催の「薔薇の講習会」。

先月のうちに7月の日程を教えてもらっていたので、

今月こそは何が何でも参加するぞーと気合充分だったw

いつもなら海関係のイベントに出掛けていた“海の日”。

とうとう、この日まで薔薇に占領されてしまったょ…coldsweats01

sun

“バラ友”“バラの先輩”とともに開店早々に屋上で待合せ、

売り場を見て回っていると、バラ界の紳士・有島 薫さんが登場heart04

声をかけると作業の手を休め、気さくにお話ししてくださいましたhappy02

前日予習でpcshine有島さんのブログに“フランス旅行記”を見つけ

興味津津だったせいで、先走って色々とお聞きしていると、

ひょんな話から有島さんの撮られたお写真を見せて頂けることに…

膨大な数ある写真の中から まずはフランスの街並み、

その中に 楚々と 咲き誇る薔薇や 草花たち。

どれもこれも「絵になるわぁ~lovely」と 見入ってしまいましたnote

有島さん流の撮影のコツcamerashineも お聞きする事ができたり

すっかり一限目を受講し終えたような気分でランチに出掛け、

いよいよ、メインの講習会(二限目?)がはじまりましたwinkheart01

夏の施肥についてや、つるバラの剪定について、

二番花後~夏剪定の考え方等 とても為になる事ばかりpencil

後半にはフランスでの素晴らしい写真をスライドショーで

再び、じーっくりと、魅せて頂けましたぁーhappy01

その中でも2度登場した“モリナー”という品種は、

ふんわりポッテリとした花容のとても美しい薔薇。

まるで“フレグランス・オブ・フレグランシズ”を色濃くしたような…

みんな 思わず、感嘆の声を漏らしていましたheart02

Dalloyau

美しい薔薇が いかにして作り出されているのか、

見た事もないような新しい品種が 何千何万の中から選び抜かれ、

さらにさらに そこから絞り込まれて、日本人の嗜好も加味しつつ

何年もかけて やっとこ、日本の市場へやってくる…

「ああ、やはり“エリート中のエリート”なんだなぁsign01

なんだか妙に 納得してしまったのでありますw

これからはデルバール社の美しく強い薔薇たちを見る度に、

「エリートさん こんにちはー」とお声掛けしてしまいそうconfidentheart04

|

« 憧れのバラ♪ | トップページ | 収穫祭 »

バラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 憧れのバラ♪ | トップページ | 収穫祭 »