« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の記事

2008/11/17

春を夢みて…

駆け足で過ぎてしまう秋 maple

いまのうちに球根を植付けたり、草木を植替えしたり…

やらなくちゃいけない作業はてんこ盛りなのに

油断大敵sweat01 風邪ひいちゃいましたぁーーbearing

天気予報が曇りのち晴れに変わったというのに

ゾクゾク寒気と 喉の痛みにおそわれてますぅwobbly

インフルエンザに罹らない為には今、風邪をひいた方が

体内に免疫ができて良いそうな…?先手必勝?

とは言え、

ひかずに健康で過ごせた方が良いに決まってますw

睡眠とって暖かくしてビタミン摂って治さなくちゃsign01

sun sun sun

ベランダは植付け・植替えを待つ草花、育苗で賑やかnotes

ひと足先の10月中旬にドキドキしながらの植付けをしたのは

今年の春に一目惚れしてしまった ラナンキュラスの球根heart04

栽培本を参考に、カラッカラ~に干乾びさせた姿は

「本当に大丈夫なの coldsweats02」と思ってしまうほど。。

植付けの際、急激に水分を吸わせると腐るそうで

一週間をかけて湿らせたキッチンペーパーで包み、

小さなカビを見つけては「本当に大丈夫ぅcrying?」と一喜一憂w

1110

でも、三週間ほどで 不安は払拭されましたぁheart02

1117

ちょっと出遅れてた左のコも無事追いついたぁーwinkheart04

透けそうなほど繊細なアイボリーに ピンクの縁取りが、

重なり合う花弁の美しさをより一層引立たせていた咲き姿confidentshine

あまり良い写真が撮れなかったので今度こそ…camera

Chocolate

先週はじめていった、ヒルトン東京(新宿)のケーキバイキングnote

夢のような“チョコレートファウンテン”

もうしばらくは甘いもの食べれないねぇ…と帰ってきても、

翌日には他のスイーツビュッフェ話で盛り上がれちゃうcoldsweats01

だって食欲の秋、だから。。

| | コメント (2)

2008/11/07

薔薇の香り…

今月も待ちに待った鈴木先生の“バラの庭づくり”セミナーnote

秋の大苗発売に合わせ新品種の特性紹介や

品種選びに役立つ特性を たっぷりと教えて戴きましたwinkshine

_2

そして、わたしにとって なによりの収穫は先月 秋バラを愛でにきた際、

偶然に遭遇した「香り採取実験」のその後を お聞きできた事 heart02

朝から夕方まで一日中、袋がけされたバラたち…

そこから伸びたチューブの先には何やら高そうな機械 w

『香り採取実験をしています 触らないでください』

そう書かれた注意書きに興味津々ワクワクドキドキーlovely

園内を散策していると、お仕事中の鈴木先生を発見sign01

友人と遠巻きに様子を窺っているとこちらに気づいてくださり、

「鼻では判らない香りの成分を分析するんですょ」

そう教えて頂いたものの、香りを分析するってどういうこと?

Fair_bianca2

嗅ぐ人によって その表現は様々な“薔薇の香り”

同じ香りでも感知できる人とできない人がいるし、

ある人には好きな香りでも、好みじゃないという人も。。

職業柄興味があって取得した■アロマテラピーアドバイザー

そういえば試験勉強ではbook ほんの触りだけだったけれど

精油の香り主成分(ゲラニオールやらリナロールやら)について

必要以上に調べまくったっけ…(試験まで時間もないのに、ねsweat02

レモン、グレープフルーツ、ラベンダー

聞いただけで香りを想起できるのは一言でいえば“経験”

幾度となく嗅いで 体感してきた“記憶”であって、

すっぱい、爽やか、甘~い香り…という表現でも

「だいたいそんな感じ」で共有共感できる一般的なもの。

じゃあ、嗅いだことのない素晴らしい香りはどう表現すればいい?

William_morris

鈴木先生に薔薇の香りについて伺うと、

「香りの専門家でないから いい加減な答えはできない」

と実直な前置きをされた上で、いつも素敵なヒントを戴けるheart04

今回の「実験」では まさに、専門家による成分分析によって

薔薇の香り、その中味を具現化(星評価)してくれるのだsign01

その場に居らしたのは、実は、京成バラ園ガーデナーさんの他、

化粧品メーカー○生堂の方々、高○香料の方々だったそう。

薔薇のパルファム Book 薔薇のパルファム

著者:蓬田 勝之
販売元:求龍堂

Amazon.co.jpで詳細を確認する

先週、図書館で借りて読み始めたばかりのこの本。

著者は既に勇退され、各団体・講演でご活躍の第一人者shine

香りの代表選手たちについて語られるばかりでなく、

薔薇に携わり功績を残してきた人物に多く触れています。

English_elegance

今日のセミナーは新品種の香り成分や 星評価も

少しだけご披露いただけて目からウロコでしたぁweepheart01

そうそう、本日のローズガーデン、

先日はポチポチ咲きだったERが花盛りでしたょ~note

大好きな香りの品種たちに囲まれて浮かれまくり

Hip_heritage

花ばかりでなく実もたーくさんheart01 可愛いですね

| | コメント (2)

2008/11/02

バラが似合う庭

今年初めにめでたく結婚した友人、庭つき一戸建てのお家での新婚生活heart04

なかなか都合がつかず、延び延びだった新居訪問がやっとこ叶いましたぁ~houseshine

見渡してもあたりに背の高いマンションなどなく、通りを隔ててすぐに

竹林もあるような静かな住宅街。う~~ん、さすが、お目が高いーhappy02note

さぞかし楽しくお庭づくり…と思いきや、彼女にとっては “悩みの種sweat02

我が家みたく すっかり雑草に飲み込まれたお庭をつくり直すのも大変だけど

さあ、どうぞーーsign01とばかりに芝生と数本の若い樹木だけのお庭も、

よほどの想像力と庭いじりの経験がないと手のつけようがないみたい。

二年半前のわたしなら「これでいいんじゃない?」と気にもしなかったろうw

我が家ではありえない、バラにうってつけのスペース…

パッとみて、日当たりの良いフェンスが二面もあるぅーーheart02

駐車場から見上げるお庭なんて、枝垂れるバラが似合いそう… lovely

勝手な妄想は心に留められるはずもなく、“バラの庭”を提案してみると

嬉しいことに乗り気になってくれたwink わぁーーーーいheart04

勢い余ってふたりして近くの京成バラ園に偵察よ~~んrvcardashdash

1

こちらは先週、神代植物公園で出会ったバラshine

2

爽やかな軽い香り…

3

でも、これだけの愛くるしい花容で楽しませてくれる

チャイコフスキー(HT 2000年 仏メイアン)

品行方正な佇まいの美しいバラ…好きだなぁheart

さてさて、

友人が選ぶ“初めてのバラ”はどんなコかしらsmileshine

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »