« バラが似合う庭 | トップページ | 春を夢みて… »

2008/11/07

薔薇の香り…

今月も待ちに待った鈴木先生の“バラの庭づくり”セミナーnote

秋の大苗発売に合わせ新品種の特性紹介や

品種選びに役立つ特性を たっぷりと教えて戴きましたwinkshine

_2

そして、わたしにとって なによりの収穫は先月 秋バラを愛でにきた際、

偶然に遭遇した「香り採取実験」のその後を お聞きできた事 heart02

朝から夕方まで一日中、袋がけされたバラたち…

そこから伸びたチューブの先には何やら高そうな機械 w

『香り採取実験をしています 触らないでください』

そう書かれた注意書きに興味津々ワクワクドキドキーlovely

園内を散策していると、お仕事中の鈴木先生を発見sign01

友人と遠巻きに様子を窺っているとこちらに気づいてくださり、

「鼻では判らない香りの成分を分析するんですょ」

そう教えて頂いたものの、香りを分析するってどういうこと?

Fair_bianca2

嗅ぐ人によって その表現は様々な“薔薇の香り”

同じ香りでも感知できる人とできない人がいるし、

ある人には好きな香りでも、好みじゃないという人も。。

職業柄興味があって取得した■アロマテラピーアドバイザー

そういえば試験勉強ではbook ほんの触りだけだったけれど

精油の香り主成分(ゲラニオールやらリナロールやら)について

必要以上に調べまくったっけ…(試験まで時間もないのに、ねsweat02

レモン、グレープフルーツ、ラベンダー

聞いただけで香りを想起できるのは一言でいえば“経験”

幾度となく嗅いで 体感してきた“記憶”であって、

すっぱい、爽やか、甘~い香り…という表現でも

「だいたいそんな感じ」で共有共感できる一般的なもの。

じゃあ、嗅いだことのない素晴らしい香りはどう表現すればいい?

William_morris

鈴木先生に薔薇の香りについて伺うと、

「香りの専門家でないから いい加減な答えはできない」

と実直な前置きをされた上で、いつも素敵なヒントを戴けるheart04

今回の「実験」では まさに、専門家による成分分析によって

薔薇の香り、その中味を具現化(星評価)してくれるのだsign01

その場に居らしたのは、実は、京成バラ園ガーデナーさんの他、

化粧品メーカー○生堂の方々、高○香料の方々だったそう。

薔薇のパルファム Book 薔薇のパルファム

著者:蓬田 勝之
販売元:求龍堂

Amazon.co.jpで詳細を確認する

先週、図書館で借りて読み始めたばかりのこの本。

著者は既に勇退され、各団体・講演でご活躍の第一人者shine

香りの代表選手たちについて語られるばかりでなく、

薔薇に携わり功績を残してきた人物に多く触れています。

English_elegance

今日のセミナーは新品種の香り成分や 星評価も

少しだけご披露いただけて目からウロコでしたぁweepheart01

そうそう、本日のローズガーデン、

先日はポチポチ咲きだったERが花盛りでしたょ~note

大好きな香りの品種たちに囲まれて浮かれまくり

Hip_heritage

花ばかりでなく実もたーくさんheart01 可愛いですね

|

« バラが似合う庭 | トップページ | 春を夢みて… »

バラ」カテゴリの記事

フェアビアンカ」カテゴリの記事

コメント

葉月さん、こんばんはnoteポプリ作りなんて乙女チックで素敵ですねぇ…heart04
わたしの幼少期なんて泥んこまみれでケガばかりsweat02いつも親から男の子に生まれた方がよかったのに…と嘆かれてましたcoldsweats01 まさかバラにハマるなんて誰しも思わなかったでしょうねぇw
歴史を知れば知るほど憧れのバラが増えてしまって嬉しいやら、悩ましいやら…

投稿: かなちょん | 2008/11/10 01:37

こんばんは♪
薔薇のパルファム、愛読書です。
かなちょんさんはアロマの資格をお持ちなのですね。
私は子供の頃、ポプリ作りに夢中で、色々な香料を
収集していたので、今でも香りはインプットされてます。
ミルラの樹脂なんかも持ってたんですよ。
バラを育てだしたのもそのころで、まず香りから入ったんです。
バラって勉強していくと、歴史とか化学的なこととか
色々奥が深くて、どんどんはまってしまいますね。

投稿: 葉月 | 2008/11/09 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バラが似合う庭 | トップページ | 春を夢みて… »