« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の記事

2009/10/31

バラの見方。

091031_

大好きな切花品種「コーヒーブレイク」たちがテーブルを飾りますcafeshine

091031

左下の可憐な純白一重は「フラウ ホレ」(独コルデス)heart04

照り照りの葉っぱは対病性の証、豪華な花の中、一輪が際立ってますeyeshine

国際バラでコルデス氏が思い入れたっぷりにお薦めされていたっけ。。

sun sun sun

鈴木先生と梶みゆきさんのトークショーのテーマは“丈夫なバラ”でした

いま世界中の育種家が品種改良で重要視してるのが“対病性”

美しく香りも素晴らしいけど滅多に咲かない気難し屋ばかりじゃ寂しいdown

お手入れが楽になるのは望ましいsign01良香であればさらに望ましい~winkheart02

バラを見るとき先生は常に「どんなバラなのか」と、向き合うそうですflair

それぞれの特性を見極めて ストレスを掛けない育て方をすれば

もっと丈夫に美しく、存分に咲き誇ってくれるんですねぇ…

なかなかその境地には辿り着けず 一喜一憂してばかりですがsweat01

「バラと一緒に成長する」と仰った梶さんの言葉にも目からウロコでしたweepshine

そして、、

我が庭で絶えず咲き続ける「ブラッシングノックアウト」の魅力も再認識 w

Photo

科学薬品に頼らないバラ栽培を世に広めた園芸研究家・梶さん。

完全無農薬は難しいとされる中で 奮闘されてきた様子を 以前、

tv拝見した事があったので、聴講を楽しみにしていたので~すhappy01heart04

農薬は悪では無いけれど、少しでも低農薬で美しいバラや草木を育てられたら…

我が家でも春の新芽の頃は定期的に(春の花が終わると不定期にw)

木酢液(唐辛子)+アグリチンキ+ニーム+バイオゴールドバイタルを散布sign01

質の悪い木酢液には農薬よりもダメージのある成分も含まれるらしいので

自己責任での使用、自己満足かもしれませんがcoldsweats01 多少の虫なら気にせず

気軽に自然と付き合う大らかさもclover 身についてきたかもしれません ww

Yagensou

今日はバラ園に着いた早々見つけちゃって、つい…bar

養命酒からでてるリキュール『夜幻草』ライムジュース割happy02うまっheart

あ、もちろん、運転は友人が買ってでてくれましたょ ww

一般には販売してないけど身体に優しいお酒、ほしい~w

| | コメント (0)

2009/10/27

ハロウィーンには。。

Transit_steamer_line

台風20号の影響で風が強くなったものの、日焼けするほど澄んだ秋空sun

ど~こか遠~くへ ゆ~き~た~いnote と急に思い立った訳ではなく、

この時期になると 遊びにいきたくなるところがあるのです smileupup

Halloween_ver

近場で異国情緒が味わえる、ハロウィン気分が盛り上がる場所、

それは言わずと知れた 『東京ディズニーシー』shineshine

そこここにある飾りつけがどれも可愛らしくって楽しみなのだheart04

Happy_halloween

こんな素敵な飾りつけのセンスは無いので、この時期はいつも他所で

楽しませて頂いてま~すw 植栽の手入れもしっかりされてて感動的 winkheart02

Daffy_bear

日本で言えば“お盆”のようなもので、悪霊祓いの為に仮装をするのだ。

収穫を祝う感謝祭でもあるから 色とりどり賑やかなお野菜の飾りつけが

施されていて、心がほっこりと温かくなるんだなぁ…confidentshine

Salsa_band

数あるショーの中から時間をやり繰りして巡るエンタテイメントも楽しみnote

「ユカタン ベースキャンプ グリル」でサルサを堪能しましたぁ~lovely

Gondola

黄昏時にゴンドラに乗りたい~heart04と向かうと、

時折吹く強風で運行を見合わせていました…残念 weep

いつか“本場の”ゴンドラに乗りたくなる素敵な景色shine

Fireworks

『LOST RIVER DELTA』のショップ前から見る花火heart

わたしの一番好きなテーマポートなので~す winkshineshine

| | コメント (0)

2009/10/13

アーチを設置ぃ~♪

昼には仕事が終わったので 久しぶりに庭仕事~clover

あれもこれもやる事いっぱいだったけど、まずは一番の楽しみから…

先日 出合った白いアーチを我が庭に設置しましたーーーhappy02heart04

レンガで囲った花壇の間、「ファビュラス!」への小径にアーチ…

庭の大改造をはじめた当初植木職人T氏にアドバイスされてました

が、そんなメルヘンチックなもの恥ずかしいsweat01と拒絶してましたw

当時はこんなにバラにハマっちゃうだなんて知る由もなく、

バラのアーチだなんて『キャンディキャンディ』か『ベルバラ』かsign02ww

我が家には完全に必要の無いものだったはず…でした coldsweats02

いつの間に憧れていたのでしょう~w 今じゃすっかりバラだらけheart02

力仕事も厭わず、理想の庭づくりに励んでますshine(手抜きだらけだけどsweat02

土を掘り返して雑草やら根っこやら、コガネムシの幼虫やらimpact

踏み固められた土をほぐして石を除けて、またコガネムシの幼虫と遭遇w

小さいのから特大サイズのまで 一体何匹いたのかなぁwobblydash

組み立て簡単ネジなしタイプ!ローズアーチKS01410JM【バラアーチ/ガーデンアーチ】 組み立て簡単ネジなしタイプ!ローズアーチKS01410JM

販売元:Jマートe-shop
楽天市場で詳細を確認する

このアーチ、

上の部分と下のコの字に ラティス状の真ん中部分を差し込むだけ~

コの字の両端部分を花壇のレンガで固定、15~20cm土に埋め戻しましたnote

途中組み立てた状態のままバッターンと倒しちゃったけど無事w

(倒れた先に植付け待ちの「ウィリアムモリス」…枝が1本裂けましたが coldsweats01

Photo

日も暮れてきたのでまずは向かって左側だけ…

モリスの隣に植付けた宿根草shine

ずっとほしかった「孔雀アスター」と名札がついてました~

うってつけの場所が見つかってよかったねwinkheart04

| | コメント (2)

2009/10/09

バラの薫り。その2

_ff

台風の為hairsalon早々に切花にした「フレグランス オブ フレグランシズ

昨日は強風で都内の仕事へ向かおうにも電車が動かずtyphoontyphoon

駅のホームで待ち続けること5時間…coldsweats02 いつか動くと信じたせいで

半日潰れてしまったじゃないかぁーーーーーーーーcrying オイオイ

家で待機してれば有意義な時間を送れたはず、な~んて。

仕方ないのは分かっていても考えてしまった庭仕事あれこれ~w

この花が、薫りが、疲れきったわたしを癒してくれましたheart04

Foff

花弁は開くごとに「薄墨桜」と称されるcherryblossom渋い色合いに落ち着き、

柔らかな薫りから、咲きすすむごとに爽やかなフルーツ香に変化heart04

じっくりと咲いてくれて花持ちの良さも魅力なのかもしれませんconfidentshine

| | コメント (0)

2009/10/07

バラの薫り。

秋になって やっと やっと、充実した蕾があがってきたぁーーlovelyshine

Ff_

(↑↑アブラムシの亡骸だらけだ、わわcoldsweats01 スイマセン w)

めっきり気温も下がって、じっくり開花の時を迎えてくれたというのに

台風18号がこっちに向かってきてるょ~~~typhoontyphooneyetyphoontyphoon

Ff 

朝よりも綻んでくれてるかと思いきや、一日寒さに凍えていた様sweat01

ベランダでこのままだしていたのでは傷だらけになってしまうので

帰宅後night 薫りを楽しむために早めにカット~~hairsalonshine

家の中へ連れて入りましたheart04heart04

久しぶりに嗅ぐ“薫り”は記憶よりも 何倍も 良い薫りnote

イヴよりも まぁ~るくてやっぱり柔らかく穏やかなイメージ、

見飽きることのない味わい深い色味、咲き始めのくっきりとした覆輪

ふんわりと開きはじめた花弁は 初めて出逢った姿のまんまでしたheart02

明日の朝にはどんな表情なのかなぁ…

「フレグランス オブ フレグランシズ」のブーケが出来るほど

た~くさん咲いてくれるのは いつ頃かしら~~confident sleepy

| | コメント (0)

2009/10/04

blast!

Chigasaki

夏がやってくると『ブラスト!』の季節と決まっていた、ここ5年間…note

2004年8月に衝撃の出逢いがあって以来、年に1~3回通ってましたw

2006年には『ブラストⅡMIX』がはじまって 隔年で来日公演され、

毎年の大盛況heart04夏休みという事もあって子供たちが元気いっぱいsmile

今年は東京だけのつもりでしたが、茅ヶ崎にまで遠征で~すww

Blast_2

今年の公演をもって『ブラスト!』はしばらく充電期間となるそうでweep

唯一の日本人キャストsign01石川直さんの参加も今回が最後だそう…

寂しい限りですが、音と色彩の洪水を体感できる素晴らしい舞台、

パワーアップupupして戻ってきてくれるのを楽しみに待ちます…bearingsweat01

幕間や終演後にロビーへ場所を移し繰り広げられるパフォーマンスも楽しみのひとつ。

中でも幕間のパーカッション、イスを使った“恐怖のメリーゴーランド”は超絶sign01

左から ヴィンス、ランス、直、ジョーイ、“バケツボーイ”ことベンheart02

Blast

色をテーマに、素晴らしい音楽と 楽器パフォーマンスと 美しいダンスshine

わたしを魅了し釘付けにしたlovely デボラのダンスとバトントワラーの数々…

『ブラスト!』『ブラストⅡMIX』 次はどんな衝撃とトキメキを届けてくれるかなconfident

昨日、フィギュアの帰りに電車の吊り広告でみた、新潟PRの写真。

あまりに旨そうだったので…camerashine

_sanma

今日のランチは もちろん、お鮨と心に決めていましたwinkheart04

Ikitako_pozu

友人のお薦めは、大船にある回転寿司の「豊魚」

「魚寅」系列店らしく、ネタは新鮮で厚みがあって大満足~

イカ、活タコポン酢、湘南シラス、シラウオ、

新サンマ、カンパチ、穴子、金目鯛 delicious お腹いっぱ~~いheart04

おまけ。

Kaoruno

朝日を浴びてキラキラの「薫乃」秋バージョン~shine

| | コメント (0)

2009/10/03

氷上の華

プロとなって益々輝きを増すshine荒川静香さんを目の前で…

真央ちゃんの今シーズンのフリー演技“鐘”初披露を確かめに…

高橋大輔選手の復活ぶりを確信、そして体感しに…

いってきましたぁーーーさいたまスーパーアリーナへ happy02upup

Coi

日本/欧州/北米で競う 3地域チーム対抗戦 『JAPANOPEN 2009』、

JO参加選手とメダリストたちの豪華なショー『カーニバルオンアイス 2009』

東京オリンピックの招致が叶わず ガッカリだったのは私だけ??

会場内は今シーズンの新演目お披露目を待ち望むファンの熱気でムンムンnote

でもわたしの一番のお目当てはショーなのです w

現役を退きプロへと転向して尚、ファンを魅了し続ける荒川静香さんlovely

FOIで披露されていた“El Flamenco”をtv観て、楽しみにしてましたぁheart02

エッジが効いた躍動感溢れるスケーティングsign01手先や表情のひとつまで

フラメンコダンサーの情熱が漲っていて、さすがの演技に鳥肌が~happy02sign03

“It's a Beautiful Day”の妖艶な演技のサポートには高橋選手がサプライズ出演w

スケーター同士の絆の深さにも感動しちゃったりして…smileshine

高橋選手のショート新演目“eye”は完璧な滑りsign03(music by coba)

選手生命に係わるほどの怪我を見事に克服した精神力の強さ、

バネのある演技に、リハビリによってさらに磨きがかかった柔軟性。

金メダルを日本にもたらすべくcrown 華麗なステップを刻んでくれそうupup

Azabusabo

終演後は上野まで戻り、フィギュアマニアに囲まれて情報交換cafeheart04

Jバトルや Sランビエール、Aヤグディンといったメダリストたちの演技にも

興奮冷めやらず、声が嗄れるほどお喋りにも花が咲きましたぁ w

| | コメント (0)

来年もよろしく!

リビングのカーテンを開けると すぐに目に入るのは

「ニューウェーブ」スタンダード仕立てheart04そこに昨日まで無かった物体…

昨夜の風雨で枯葉か何かが飛んできちゃったかと思いきや、

なんとカマキリの卵 coldsweats02sign01またなんで こんなとこに産んのやらsweat02

Mantis_s

困ったなぁーとベランダの水遣りをして回っていると、

立派なカマキリを発見~~eyeshine

Mantis

まだまだお腹が膨らんでて、産卵場所を探しているみたいcoldsweats01

そこは新苗からグングン伸びた「薫乃」ちゃん。

…冬剪定は深めだから、どうせ産むなら枝先か株元にお願いねw

ついでに、身繕いをじっくり観察note 触角を器用にたぐり寄せて、

先端をムニャムニャと濯いだり、猫の手みたく目をスリスリしたり

案外可愛いんだょ~happy01と家人に話すも理解してもらえずww

何はともあれ、産卵場所はしっかりチェックsearch春先大騒ぎにならないよう

無事に孵って我が家の“守護神”になってもらわなくっちゃねshine

| | コメント (2)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »