« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の記事

2009/11/27

ラストステージ。。

高い要求に応えられる選りすぐりの素晴らしいスタッフ、

それを体現できるだけの身体能力と天性の歌声を併せもった

世界屈指のエンターテイナーcrown

音楽やパフォーマンスに対して 誰よりも純粋に向き合って、

最高のライブを創りあげようという熱気と情熱が溢れんばかりの

movieTHIS IS ITshine映画というより極上のドキュメンタリフィルムconfidentshine

ライブとしての“完成形”を観ることが叶わないのは とても悔しいし、

新しいPVやパフォーマンスがもう観れないなんて悲し過ぎるweep

一度目は悲しくて号泣、二度目はあまりに惜しくて号泣、

三度目にしてやっと冷静に観ることができました…

エンドロール後のマイケルにはどうしても号泣してしまうけどsweat01

曲を聴いただけで PVの華麗なダンスがすべて蘇り、

体が動き出しちゃうので映画館で座って観るのはツラかったw

noteMa ma se, ma ma sa, ma ma coo sa …

「Wanna be startin' somethin'」間奏で手拍子にのり繰り返される掛け声は、

昔から勝手にnoteマイコぅ~サぅンド~(私訳⇒マイケルの音だぜ~)と唱えてたけど

今回 初めて歌詞カードをみて、英語ではない事を知り衝撃でしたww

リアーナも使っていたこのフレーズ、アフリカ系言語(カメルーン?)だそうなcoldsweats02

アルバムは持っていても見ていなかった歌詞カードを十数年ぶりに開き、

新たなマイケルの曲の魅力に気づくことができましたぁhappy02heart04

『スマスマ特別編』でライオネルリッチーが明かした新事実にも驚愕でしたが

感性の趣くまま、良いものは自ら研究して“マイケルらしさ”で表現できる…

その才能ばかりでなく 人柄の素直さも伝わってくる素晴らしい作品でしたheart

DVDが届いたら きっとみんな踊りまくるんでしょうねぇ~upupパォッ

sun sun sun

最近は日比谷や銀座の単館にゆくよりも シネコンで観ることが多いですが、

中でもお気に入りは『ユナイテッドシネマ豊洲』

どんなに足が長くても余裕のゆったり座席、ドリンクホルダーだけでなく

前の席に荷物フックもあって雨の日でもrain買い物たっぷりした後でも安心w

『ららぽー豊洲』には好きなショップがたくさん入ってるので、

久しぶりにお買い物も堪能できました~smileheart04

Tempe_goreng

インドネシア料理『スラバヤ豊洲店』の納豆テンペの唐揚lovely

辛いのが苦手でも 汗が噴出しても食べたいくらい美味しい~note

空心菜とセロリのサラダ、ナシゴレン、ココナツアイス…

マイケルについて語りまくり夜景もたっぷり楽しんだ素敵な一日でしたnight

早起きしてやっとこtulip球根も植えつけたしねww

| | コメント (0)

2009/11/18

収穫の秋。

植えつけてから今年で3回目の秋 maple

鳥との競争にも間に合い(2個は食べられちゃった…プレゼントさぁpresentw)

Kaki

3個も収穫だぁ~~~いっhappy02note 少ない?

Kaki__

だって昨年はやっとこ付いた3個を

全て鳥に先を越されてしまったんだから…weep

Kaki_flower

植えつけてbud初めての年には花が咲いて

緑の実らしきものが見られたものの、

すべて小さいまま落ちちゃったんだからdowndown

(根付くまでは実が成らない…by T氏)

Kaki_

家人の口に入るのは今年が初めてなのです~confidentheart02

| | コメント (0)

2009/11/10

Le Petit Prince。

箱根へゆくなら まず寄りたい…と頭に浮かんだのは

『星の王子さまミュージアム』shine

Museum_ent

昨年の夏に「Saint Exupery」(2003 デルバール社)と

出逢ったのをきっかけに、子どもの頃に授業で読んで以来

久々に図書館で手にとった絵本book に感銘を受け、

すんなりと沁みる池澤夏樹の新訳でさらに魅力の虜となった

『星の王子さま』の世界 confidentshine 我が家では勢い余って

「Le Petit Prince/エモーションブルー」(2008)も今春お迎えheart02

秋には魅惑の青バラが咲くはずだったのに…チョッキリhairsalon出現dash

ふたつのバラの競演は来年の春までお預けとなりましたぁwobbly

もしかしたら ローズガーデンで咲いてるかも…?と期待しつつも、

入園料がお高くsweat01ショップだけで我慢しようかと悩みましたが

入ってみて良かったsign01と思えたのはガイドツアーのお陰winkheart

Cute

40分ほど館内を案内してくださったガイドの山田さんheart04

ほんわか優しい語り口に癒され友人と感動しきりでしたweepshine

哲学的なメッセージや ドラマチックな人生を紐解き、

細部にまでこだわって再現されたお城や街並みについても

いっぱいタメに為りました(壁紙を貼りかえるなら蜂蜜色ねupup

Lasevillana

唯一咲いていた「ラ セビリアーナ」(1978 メイアン社)heart

新しくつくられた吉谷桂子さんデザインの庭には

物語の鍵となる“赤いバラ”がたくさん植えつけられてました

来春の開花の頃は見事だろうなぁ~

ゆかれる際は是非ガイドツアーで廻ってみてくださいwinknote

では、気になったお花たちシリーズ

Blue

フリフリのパンジーと 斑入りのネメシア‘フォーリナ’ライラック、

耐寒性の強い カルーナ ブルガリス‘ガーデンガールズ’

Gorgeous

こんなてんこ盛りのコンテナ、憧れちゃうわ~~~happy02heart04

Yellow

ピンクのカルーナを中心に…プリムラの黄色が映えて可愛いheart01

Yellow_white

白系の葉ものと白いカルーナ、プリムラを引き立ててますheart04

Blue_

枝垂れる葉ものにゴールド系を使うと華やかだわ~~shine

寄植えの花材についても、スタッフの方がメモを持っていたりして

小さな気遣いや にこやかな対応がとっても素敵でした smilenote

Xmas_tree

オーナメントの飾りつけxmas う~ん楽しそう~smileshine

それにしてもスタッフの皆さんの制服が暖かそうで可愛いなぁ…heart04

帰り際に写真を撮っていただいたスタッフさんと立ち話。。

Dandy

なんという事でしょう…すべて ユ○クロ製品ですかー eyesign03

まさに、コーディネートはこうでないとぉ~って感じ、イケてますw

| | コメント (0)

箱根にて。。

Hakone_2

紅葉を見にゆこうよぅ~mapleと誘われ計画を立てたのは10月初めのこと。

予定のやり繰りや休みの調整をしてみたら、ここしかない…と長野とハシゴ決行 coldsweats01

ほんとは朝いちに我が家を出発して 逗子で友人をピックアップcardash

松輪サバを食しshine長旅の疲れを温泉で癒そうと思っていたのに…

そんな日に限ってひどい事故渋滞coldsweats02 やっと抜けたと思いきや工事渋滞だらけsweat01sweat01

結局、4時間半もかかってしまい、ランチの夢は潰えましたぁ…weep

そのまま箱根へ向かい出発、車内では長野の土産話で大盛り上がりでしたappleshine

Ginkatsu

ディナーは友人お薦め、強羅にある『田むら銀かつ亭』にて

Tofukatsuni

「豆腐かつ煮定食」1200円heart04グツグツ~

揚げてるのにサッパリなのは豆腐だからか、こだわりの油のお陰か。

夜の営業は17時半から二時間eyeshine短い間にもひっきり無しの人気sign01

Gradation

まだ燃えるような赤には一週間 早かったかな…

秋がくるのは早かったけど 紅葉は例年通りにやってくるのねmaple

Hatsuhana

蕎麦好きのわたしに薦めてくれたのは『はつ花』の自然薯蕎麦heart02

蕎麦も山かけとろろも味わい深く ほんのり甘くて絶品でした~happy02

帰りは帰宅渋滞に巻き込まれることも全くなく、

逗子からはいつも通り、3時間ピッタリで我が家へ到着~note

長野、箱根と 美味しいものをいっぱい買い込んできたので、

まだまだしばらくの間は余韻に浸れそうです deliciousshine

sun cloud sun cloud sun

看板を見つけた瞬間に寄らねば…と衝動に駆られたのはw

Kantarou

この秋結婚して父の大名跡“勘九郎”襲名も決まり、こりゃめでたいheart02

営業時間前だったので写真だけcamerashine次はここ目指してこようかな~w

来月12月の歌舞伎座公演も期待の演目ばかりで楽しみですhappy02up

| | コメント (0)

2009/11/08

高原に佇むアート。

Kurohime_mt

長野の旅 最終日は、美ヶ原高原美術館へドライブ~cardash

前日の小塚選手のフリー演技で モチーフとなったような、

彫刻らしい彫刻との出合いを求めて…winkshine でも、、

“ビーナスライン”という優しげな名前とは裏腹の険しい道のりcoldsweats02

ETC割引を活用し高速で松本までゆき、ひたすら走り続けdashdash

やっとこ到着したのは15時…って閉館まで二時間しかなーーいsweat01

調子にのってあちこち寄り道し過ぎちゃったねcoldsweats01 あは

Amore

“今月15日からは冬季休業”の意味がようやく理解できました…w

標高2000m“雲の上のアート リゾート”だけあって先日の雪がそのまま

ビーナスラインでも日が当たらないところは既に凍結snow 寒~い

Mano_damore

「愛の手」1980

Toward_the_sky

「聖なるもののリビド~空へ」1982

あまりの眺望と空の美しさにしばし呆然としてしまいます…

The_clouds

「雲」1986

Dance_of_trees

「樹々の舞」1985

Remolding_of_the_swords_into_spades

「剣を鋤にやきなおそう」1957

sun sun sun

寄り道、せっかくだから美味しい林檎をお土産に~heart04

Apple

道しな見つけた果物屋さんは林檎の山shineいい季節だわ~

蜜入り林檎が好き~というと 店主にお薦め頂いたのが、

新品種「あいかの香り」apple甘みがとてもつよく大きいのが特徴heart02

林檎の酸味が苦手という人も多いですが、これは美味しいですょ~

もちろん定番「サンふじ」appleも箱買いしちゃったもんねsmileupup

大好きな蕎麦を食べ歩く、という長野らしい野望は

あまりに時間が無く叶いませんでしたが、帰路 高速にのって直ぐ

Iroiro

『東部湯の丸SA』で食べた“手打ち蕎麦いろいろ”1150円heart04

山菜、きのこ、大根おろし、とろろ、海苔、ナッツ

期待してなかったのに めちゃくちゃ美味しくってビックリ~eyeshine

素晴らしい長野旅の締めくくりとなりましたupup

| | コメント (0)

2009/11/07

氷上のバトル、長野にて。その2

Day2

競技二日目、フリーの演技。

初日に続きジャンプで転倒してしまい7位に終わってしまったけど、

小塚選手の“Guitar Concerto”(by Mケイメン&布袋寅泰)

スムーズで切れの良いエッジワークがshine全身でギターを奏でるよう

“彫刻のもつ造形美”を動きの随所に取り入れた構成は斬新で素晴らしいheart02

今季披露されている どの選手のフリープログラムよりも好きなので、

なんとか全日本選手権でリベンジを果たしてほしいですhappy02sign01

Ceremony 

そして。。

な、なんと、今回優勝を決めたcrown Bジュベールと会場内で遭遇~happy02sign03

フランス語など一切浮かばず、精一杯の「コングラッチュレイショ~ンズup」に

にこやかな笑顔で応じてくれましたょheart04 せっかくだから…と

ジュベール ファンの友人の私物(手帳w)にサインも戴きましたーーshine

B_joubert

NHK杯初優勝の記念に日付も入れてほしかったけど…

ボキャブラリの無さに即、断念ですわ coldsweats01

英会話…始めるかぁ(フランス語は無理だろうなw)

sun sun sun

My_roses

昨日の早朝、まだ空が白み始めた頃に水遣りついでに

綺麗に咲いたので友人に見てもらおうと摘んだ香りのバラたちheart04

旅のお供にcardash 連れてきました~癒されるぅ lovely

宿泊先は会場周辺がどこも満室だった為ちょっと中心部から離れsweat01

飯綱高原にある「ホテルアルカディア」を利用しました、

白樺が美しい~heart04冬はスキー客で賑わうそうです happy01

Arcadiaiizuna

眺望はとっても見事なのですが道のりが大変で…

遭難するかと思いましたぁ coldsweats02 あわわsweat01

| | コメント (0)

2009/11/06

氷上のバトル、長野にて。

1106_big_hat

今年は長野で開催されたフィギュアスケートのNHK杯shine

遠路遥々いってきましたぁ~~note(遠征ってやつw)

来年2月開催のバンクーバー五輪に向けて、

出場選手たちに しっかり声援を届けたい一心ですhappy02

Day1

競技一日目、ショートの演技。

男子/女子ともに日本からは3選手づつが出場ですshine

男子は村上選手、高橋選手、小塚選手

女子は石川選手、中野選手、安藤選手。

海外からも魅力的な選手がた~くさん出場していて、

レオノワ選手(ロシア)やレピスト選手(フィンランド)など

枚挙に暇がないくらい注目度の高い大会となりましたupup

採点云々はよく分かりませんが 目の前で見れるだけで

ウキウキワクワク、とっても幸せなのです confidentheart02

今季プログラムではどの選手もショートの選曲が素晴らしく

高橋選手の“eye”(by コバ)、

小塚選手の“Bold as Love”(by ジミヘン)、

Jアボット選手の“A Day in the Life”(by ジェフ べック)、

Bジュベール選手の“Rise”(by Safri Duo)は昨年に引続き

4回転で一気に会場を沸かすパーカッション曲lovely ノリノリですheart04

Interval

友人のお陰で 初日は最前列で選手の息遣いまで聞こえましたw

演技前スタンバイする選手の緊張感や コーチの応援する様子も面白く、

“じっくり”派や“熊のようにウロウロ”派、“掛け声でか過ぎ”派、

“動きが低空”派など観戦以外も見所満載~smilesign01

演技を終えた選手を迎えキス&クライ(結果待ちのベンチ)に向かう

会話も聞こえたりして、どの選手にも益々応援に熱が入ってしまいましたheart

sun sun sun

会場に向かう前に寄ったのは、この季節を待ちわびた小布施

Marron

会うと美味しいものの話題に事欠かない友人から土産で貰って以来、

期間限定(9~1月)の味が忘れられなかった『空蝉(ウツセミ)』

松仙堂の生菓子で、殆ど栗の甘さだけで作られた純栗菓子なのですheart04

栗畑の中にひっそりあるお店ですが『栗かのこ』も『純栗ペースト』も絶品sign03

お近くへゆかれた際は是非。通販もあるけどねww

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »