« バラの見方。 | トップページ | 氷上のバトル、長野にて。その2 »

2009/11/06

氷上のバトル、長野にて。

1106_big_hat

今年は長野で開催されたフィギュアスケートのNHK杯shine

遠路遥々いってきましたぁ~~note(遠征ってやつw)

来年2月開催のバンクーバー五輪に向けて、

出場選手たちに しっかり声援を届けたい一心ですhappy02

Day1

競技一日目、ショートの演技。

男子/女子ともに日本からは3選手づつが出場ですshine

男子は村上選手、高橋選手、小塚選手

女子は石川選手、中野選手、安藤選手。

海外からも魅力的な選手がた~くさん出場していて、

レオノワ選手(ロシア)やレピスト選手(フィンランド)など

枚挙に暇がないくらい注目度の高い大会となりましたupup

採点云々はよく分かりませんが 目の前で見れるだけで

ウキウキワクワク、とっても幸せなのです confidentheart02

今季プログラムではどの選手もショートの選曲が素晴らしく

高橋選手の“eye”(by コバ)、

小塚選手の“Bold as Love”(by ジミヘン)、

Jアボット選手の“A Day in the Life”(by ジェフ べック)、

Bジュベール選手の“Rise”(by Safri Duo)は昨年に引続き

4回転で一気に会場を沸かすパーカッション曲lovely ノリノリですheart04

Interval

友人のお陰で 初日は最前列で選手の息遣いまで聞こえましたw

演技前スタンバイする選手の緊張感や コーチの応援する様子も面白く、

“じっくり”派や“熊のようにウロウロ”派、“掛け声でか過ぎ”派、

“動きが低空”派など観戦以外も見所満載~smilesign01

演技を終えた選手を迎えキス&クライ(結果待ちのベンチ)に向かう

会話も聞こえたりして、どの選手にも益々応援に熱が入ってしまいましたheart

sun sun sun

会場に向かう前に寄ったのは、この季節を待ちわびた小布施

Marron

会うと美味しいものの話題に事欠かない友人から土産で貰って以来、

期間限定(9~1月)の味が忘れられなかった『空蝉(ウツセミ)』

松仙堂の生菓子で、殆ど栗の甘さだけで作られた純栗菓子なのですheart04

栗畑の中にひっそりあるお店ですが『栗かのこ』も『純栗ペースト』も絶品sign03

お近くへゆかれた際は是非。通販もあるけどねww

|

« バラの見方。 | トップページ | 氷上のバトル、長野にて。その2 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

美味しいもの♪」カテゴリの記事

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バラの見方。 | トップページ | 氷上のバトル、長野にて。その2 »