« それぞれの愛すべきバラたち♪♪その1 | トップページ | 夢みる神奈川ツアー♪ »

2012/06/01

それぞれの愛すべきバラたち♪♪その2

第二弾は「土気・茂原方面」へGOcarup “千葉のチベット”こと、土気にあるN邸に集合~heart02

Photo

今は亡きお義父様が 長年をかけて造りあげた立体構造の和庭を見事に引き継がれ、

植物たち殊にバラへ傾倒し、ほとばしる情熱を抑える事なく、近所に土地まで買って

“バラの為の庭”を開墾して居られると聞き、拝見するのを楽しみにしてましたぁ~happy02heart04

Nさんは鈴木先生からも一目置かれる腕前で、ウィーピング仕立ても凄いのsign03

以前、同時期に接いだウィーピングの数ヶ月後の姿をお写真で見せて頂いた際、

あまりの生育の差にその場に居た講習生全員が愕然とした事を思い出しますわ~smile

Weeping

かの石井強氏の本から、ワイヤー1本で作る“シュート保護具”を実践されてましたshine

これだけ枝が立ち上がってたら必要ょね…いや、我が家もスクスク育つ環境づくりせねばsign01

Photo_2

お義父様が丹精込めた見るからに高価な盆栽の数々もすべて、手入れされてるそうで

心底 草木を愛してやまない語り口に感動しちゃったlovely 即実践の精神が大事ょねsign03

Photo_3

わんぱくランドみたいなワクワク感heart02循環型の滝の水音もめっちゃ心地良くって

和室からの眺めはまるで料亭で~すconfidentshineちょっぴりご本人登場~camera

Photo_4

一軒分をご夫婦で開墾し、この冬から植付けたというバラや柑橘や草花たちnoteスクスク~

組立式の豪華な二連アーチ…今立てているアーチと入替えちゃって、小径いっぱい作ってheart04

奥には収穫を楽しめる畑まで~happy01 あぁ~こちらまで興奮しちゃうわ~~ぃupup

Brother_cadfael

ER「ブラザーキャドフィール」こんなに素敵なバラだったとは…heart04美味しそうな香り~

お庭をみせて頂く楽しみは、それぞれが出逢い恋に落ちた花を魅せてもらえることshine

それぞれの育て方で以って 花の魅力を惹きだそうと工夫されてるのが垣間見れることshine

Felicia

日曜にY様邸でも、わぁ…可愛い…と、つい品種を伺っていた「フェリシア」heart

午前中は急なお仕事でご一緒できなかったTさん、昼にはご在宅と伺い茂原へGO~cardash

いつも熱心に先生の言葉に耳を傾けてらして クレマやクリローなど草花にも造詣が深く、

Photo_5

講習仲間でも「Tさんってプロの方…?」と噂してたほどw お言葉に甘え4人で訪れてビックリheart02

通りの突き当りに溢れんばかり咲き誇りhappy02 と~ってもロマンチックな彩りでテンションupup

Photo_6

「シンデレラ」とクレマ「プリンスチャールズ」コンビheart04楓の渋色が甘さを引き締めてて良いわ~

Photo_7

道路沿いにズラリ並べたバラ鉢と、季節ごと入替えてらっしゃるそうで…凄い数のクリロ~sign01

バックヤードでは他にご自身で接いだ苗や 色んな仕立てを試みている株があったりで

そちらも興味津々note 皆んなであれやこれや聞く度に丁寧に解説くださって大盛り上がりsmile

Photo_8

優しいピンクのグラデーション…間に濃紫や水色の差し色が素敵confident クレマ最高~heart04

Barletta_forever

「バーレッタ フォーエバー」heart04フルフルと渦巻く花弁が愛らしく、発色が素晴らしい~shine

“お花達人”と二人、お気に入りのゼラニウム“アメリカーナ”みた~いと大騒ぎw

Red_monte_rosa_forever

こちらもフォーエバーシリーズ「レッド モンテローザ」heart04甘~い香りとこの花容…堪ら~んhappy02

Antique_lace

ついに購入禁止令thunder発令されたそうでcoldsweats01 お譲りくださった「アンティークレース」heart02

はぅ~upこのコと思い我が家に迎えてた「ベビー」ちゃんも今は亡きバラとなりました…sweat01

巡り巡ってお迎えでき感激…大切に育てま~すsign01それにしても立派な株やわeyeupup

ご近所だったら遠回りしてでも散歩したくなるお庭heart04楽しい時間を有難うございましたぁ~

まだまだお花を求め「何処か良いとごはねいが~(なまはげ風w)」と思案していたら Tさん、

バラの植栽を村田さんが手掛けられたひめはるの里』っていうガーデンがあるょ~とflair

お勧めくださいました、さっすが~今度はご一緒しましょうねheart04 でもまずは、

Kushikatsu_teisyoku

お腹ペッコペコのわたしたち、ご紹介頂いた『コーヒーの店ととろ』restaurantへまっしぐらnote

わたしは日替わり串揚げ定食をばdelicious 次は牛ピラフ定食にするんだぁ~heart02うふ

Totoro

ランチし終えるなり車に飛び乗って、いざ『ひめはる』へ~carピュ~~dash

途中 大きな水溜りがそこここに出来てて、カンカン照りだった空も黒い雲に覆われてきたsweat02

けど、前を走るcar“お花達人”引き返すそぶりなく、無事到着~smile 揺るぎないわww

霧雨の中 駐車場からfoot広々とした敷地をsoon矢印に従い歩くと 大きな湖が目の前に。

Lakewoods_himeharunosato

目を凝らすと、対岸の木々に混じってバラの彩りが…heart02何故か広大なDRdogも併設されてるそうな…

Bobbie_james

調べてみると こちら、レイクウッズガーデン ひめはるの里は2010年夏にプレオープンshine

神奈川県立の花菜ガーデンは2010年早春にプレオープンshine

ほぼ同時期に、バラの歴史を辿る…という画期的なコンセプトの庭園が生まれていたとは。

Geschwinds_schonste

こちらではランブラーなどは敢えて樹木に這い上がらせるような仕立てで、

Gunsei

バラ同士もゆ~ったりと植栽され、静けさの中で咲き誇る様が美しい…heart04

Pauls_himalayan_musk

園内は超バリアフリーshine細かな気遣いも感じられ…しっかし、広すぎるぅ~happy02sweat01

Roris_garden

モダンローズ エリアのゆったりさ加減は「もっと植えられるのにsign01」とか思っちゃう~

村田晴夫氏がご存命だったなら「空いている場所に植えるなら?」と聞いてみたかった…

答えてなんかくれないだろうけどぉw

Magenta

「マジェンタ」1954年コルデスheart04うは~こんなとこで出逢えるとは…可愛ゆいわ~lovely

Ispahan_

わたしの村田さんのイメージはこのバラheart04「イスパハン」1832年

Ispahan

と~っても良い香り…confidentheart二年目の国際バラで、お薦めのつるバラは?と

伺った際にお答え頂いたのがこのバラでしたぁ…一季咲きだから諦めたけど。

Iris

菖蒲(アヤメ)と。美しいジャーマンアイリスも園内でバラと競演していて思いがけず堪能shine

Rosa_bracteata

「カカヤンバラ(八重山野茨)」heart04向こうに見えるはジャーマンアイリスの植栽~happy02

Abiqua_falls_

中でもひと目惚れだった「アビキュア フォールズ」shine米シュライナーズ 2003年

あまりに美しい花色に即売所で探すもスタッフさん曰く、ガーデンに植栽されてるコは

最高級品種ばかりで日本では手に入り難いか高くて手が出ませんょ~との事w

Abiqua_falls

どうしてこれほどジャーマンアイリスをフューチャーしてるのかと調べてみたらpc

四年前まで長野にあった『信州アイリスの郷』が移設されたのだそうで…

う~ん来シーズンには何処かでこのコに巡り逢いた~いmoneybagsign03 だって、

手が掛からずに植えっ放しで、よ~く殖えるっていうんですもの~happy01upup

なんだかんだで閉園までの二時間たっぷり、ほぼ独占状態で楽しいガーデンでした

犬を飼っていないので…次来るなら桜の頃~ジャーマンアイリスの頃だねぇheart04

|

« それぞれの愛すべきバラたち♪♪その1 | トップページ | 夢みる神奈川ツアー♪ »

ガーデニング」カテゴリの記事

グッズ」カテゴリの記事

バラ」カテゴリの記事

ピンク色の花」カテゴリの記事

美味しいもの♪」カテゴリの記事

赤い花」カテゴリの記事

青い花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それぞれの愛すべきバラたち♪♪その1 | トップページ | 夢みる神奈川ツアー♪ »